【実は要らない】家から手放すべきモノ5選

garbege TOP
この記事は約6分で読めます。

今回は「生産性」という観点から、家から手放すべき5つのアイテムについて紹介します。

自宅で過ごしている際に「モノが多くて家のスペースが狭く感じる」とか、ものがありすぎて掃除が面倒だと感じることはないでしょうか?

いつか使うかもしれないと残してある小物類、駅でもらったポケットティッシュ、試供品でもらった化粧品サンプルなど。

同じような悩みを持つ方に向けて断言します!

極力シンプルな生活をしましょう、と。

なぜかというと、本当に自分がやるべきことに注力させるためです。

人間が一日に発揮できる注力、いいかえると集中力は限度があります。

その有限な集中力を、あなたにとって大事なことに費やすために、無駄なものに集中力が削がれてしまわないように、無駄なものは生活からなくすべきです。

もちろん収集することが幸せと感じる人もいるでしょうから、そういった人にはおすすめでませんが、もしあなたが今以上に実りある人生を歩みたいと考えるならば、無駄なものはなくして、シンプルな生活をすることをお勧めします。

そこで今回は家から手放すべきモノ5選を紹介したいと思います。

家から手放すべき5つのアイテム

カーペット、マット

正直なところ、敷物を敷く理由って何でしょうか?

「冬足が冷たくなるのが嫌だから」とか「床上を傷つけたくないから」でしょうか?

たしかにカーペットがあればその対策にもなるでしょうが、スリッパを履く、家具の足面にフェルト生地をはって床上を傷つけないようにするなど、代替案で十分に対策可能でしょう。

僕からするとカーペットはごみを集める温床としか思えないのです…。

ダニの温床ともなるため、アレルギーの原因ともなりえます。

カーペットがなければ掃除もササっと終わります。

カーペットやマットは清潔さを保つことは難しいでしょうから、いっそのこと手放すことをおすすめします。

ローテーブル

ローテーブルをなんとなく設置していませんか?

僕もかつては便利かなと思って使っていましたが、シンプルな生活を始めてから要らないことに気づきました。

不要な理由としては、

  • そこまで使用頻度多くないわりにスペースを取られること
  • さらにテーブル上が散らかりやすいこと
  • 猫背で姿勢が悪くなる(腰、首を痛める)こと など

が挙げられます。

もちろん設置するメリットもありますが、デメリットの方が圧倒的に上回っています。

ローテーブル上に置いていた雑誌や通知はがきなど要らないものは捨てて、ローテーブル不要な生活へと変えていきましょう!

一方でソファを使用している人の中には、ソファに座った際のコップを置くようなテーブルが必要だという方もいるでしょう。

そんな方はサイドテーブルなどを買いましょう。

IEKAの再度テーブルなんてお洒落な割に価格も安く、非常にいい製品だと思います。

https://www.ikea.com/jp/ja/p/nesna-bedside-table-bamboo-20247128/?source=google&medium=cpc&campaign=ikea_jp_jp_p_shopping_fy21&gclid=Cj0KCQjw0IGnBhDUARIsAMwFDLkvsZDwkhMaZSPciRJ7OdepdDZnp3CjKrisgmcIEH27OyGaRqnK3UoaAqiGEALw_wcB

シンク、風呂場の排水溝蓋

シンクやお風呂場の排水溝の蓋、僕はアパート入居早々に取っ払いました。

排水溝蓋なんて設置しても特にメリットは得られず、ただ水回りのカビの被害を受ける部材の一つだとしか思えません。

蓋をなくすことで掃除する手間が省けるだけでなく、むしろ蓋をしないことにより、ごみが必然的に目がつくため、否が応でも毎日ごみを取り除く習慣がつきます。

水回りは特にモノを最小限すべきエリアだと思います。

嫌な水仕事は必要最小限としましょう。

紙の本

本は知識を得るツールとしてめっちゃ重要ですが、紙ベースで保管していると場所を取るだけでなく、整理が難しくなります。

今ではアマゾンや楽天、それぞれの電子書籍で読めるでしょうから、オンラインで書籍を購入しましょう。

一方で電子書籍に比べると紙で読んだ方が記憶力の定着率がいいことも研究で示されています。

何度も読み返す大事な本は厳選して紙ベースで残しておき、それ以外は電子媒体で読むようにしましょう!

僕は自己啓発本などは書き込むことが多いので、紙ベースで購入し、小説や漫画は基本電子書籍で購入しています。

もしくは図書館で本を借りることも強くお勧めしたいと思います。

図書館を利用すれば、無料で読めて、場所も一時的にしか占有しないという、一石二鳥の効果が得られます。

掃除機

これは広くない部屋で賃貸暮らしをされている方に対して特におすすめしています。

「じゃあ部屋は汚いままでいいのか?」と言われそうですが、そうではありません。

基本は「ロボット掃除機に掃除を任せておく、その上で必要な個所はホウキで掃き掃除をする」です。

まず断言しますが、ロボット掃除機は家庭の必須アイテムです。

これは本ブログで何回か紹介しているので、詳しくはこちらの記事を参照してください。

そのうえでですが、ロボット掃除機を以てしても、狭い場所や階段など、当然掃除が行き届かない箇所があります。

そう言った個所をどう対処するか?

それが「ホウキ」です。

掃除機ではありません。

近年は掃除機もコードレスで軽量なモデルが出るようになったものの、依然として掃除機の定期的な清掃が必要であり、余計な手間がかかってしまいます。

しかしホウキであれば特に余計な手間はかかりません。

ただ掃くだけです。笑

住宅が広い場合は、ロボット掃除機を使用したうえでコードレス掃除機を使用した方がいいでしょう!

まずは掃除機を手放して、ロボット掃除機とホウキで楽な生活をしてみませんか?

まとめ

生産性を向上させるためには、家の中を整理し不要なアイテムを手放すことが重要です。

また手放すことで部屋のスペースが広くなり、部屋が洗練された印象になるかと思います。

とはいえ、一度に全てを整理しようとすると心理的にハードルが高いかもしれません。

その場合は少しずつ取り組んで、徐々にモノがない暮らしに慣れていきましょう。

次第に捨てることが楽しめるようになれば、もはやあなたは立派な断捨離マスターの称号がえられるでしょう。笑


コメント

タイトルとURLをコピーしました