【誰でもできる】年収600万円が30歳で資産3,000万円となった習慣

Custom TOP
この記事は約4分で読めます。

皆さん、悩みの種として”お金”の話題は尽きませんよね??

「お金が貯まらない…」「お金を貯めるにはどうしたらいいんだろう?」と悩む方は多いと思います。

僕はその道のプロではありませんが、特に意識することなく30歳で資産が3000万円に到達しました!

改めて今までの細かい行動を振り返ってみて、そんな悩みを持つ方の参考になればと思い記事にしてみました。

「年収自体が高いから達成できたわけであって、年収が低い自分には無理!」と感じた方、ちょっと待ってください!!

確かに年収が高い分達成する時期も早かったかもしれませんが、それでも、意識せずに資産を作れたわけなので、早いうちに(今日からでも)意識して行動すれば、僕以上に資産を築くことは十分可能だと本気で考えてます!

ですので是非最後までその方法を見てもらえればと思います!

以前も同様な記事を作成しましたが、今回はより具体的なアクションとその効果度合も記しています!

ぜひ意識して継続して実施してみてください。

アクション一覧

早速その具体的アクションを一覧表で示しました。

内容頻度費用効果
コンビニNG
格安スマホ&SIM
タバコNG
独身寮に入る
サブスクNG
現金使用しない
ブランド物NG
持ち株会入会
積立NISA
不要な保険は解約
白米持参
不要な飲み会は断る
スタバNG
中古車を買う
ふるさと納税
タクシーNG

頻度のシンボル △、〇、◎ はそれぞれ 月1回未満、月最低1回、週一回 を、

費用のシンボル △、〇、◎ はそれぞれ ~1000円、1000~5000円、5000円~ をイメージしています。

どれも難しい作業でないと思いますが、「習慣」とタイトル付けした通り、これを継続できるかどうかが大きな節目となると思います。

各アクションの補足説明

コンビニNG

コンビニでは変える商品は、スーパーで大体安く買えます。

計画的にスーパーで買い物を済ませるようにしましょう。

格安スマホ&SIM

僕は長らく楽天を利用しています。

現在のプランは毎月のデータ利用量に応じて月額料金が決まりますが、大体の方は2000円程度で済むかと思います。

独身寮に入る

独身寮に入ったことで、アパートに住んだ場合に比べて毎月4万円程度は節約できたと推定されます。

もちろん安さと引き換えに、不便さ・設備老朽化という点はありましたが、その上でも独身寮に入って節約できたことは大きな効果がありました。

現金を使用しない

クレジットカードないし電子決済でポイントを貯めましょう。

ブランド物NG

ブランド物を一色単に否定するつもりはありませんが、見栄のためにブランドを買うのはやめましょう。

お金がたまらない大きな原因の一つです。

機能として優れている、デザインが素晴らしいなど、ブランド名抜きにしてどうしてもそれを買いたい理由があるなら、買っても大丈夫でしょう!

その場合は、お金が一時的に無くなるかもしれませんが、あなた自身十分に考える力があるので、他のアクションによりまたお金が貯まると思います。

持ち株会入会

会社から5%程度の補助金がでると思います。

よっぽどのお先真っ暗な会社でない限り、加入することをお勧めします。

もちろん株式なのでリスクはあるものの、5%の利率を考慮すれば、貯金に余裕ある人は持ち株会を始めた方がいいと思います。

積立NISA

手数料の低いインデックスファンドに投資しましょう。

飲み会を断る

価値を見出せない飲み会に参加するのはやめましょう。

飲み会後に残るのは二日酔い、なくなるのはお金と、待っているのはダブルパンチです。

僕は若い頃、しょっちゅうこれで痛い目を見ました。反省。。

スタバNG

ツイッター等で「新商品飲んできたー!おいしー!」という様な投稿を見ますが、一杯500円って高くないですか?

僕からしてみれば、こういった人たちはおいしい飲み物を求めてるのではなく、スタバに行っちゃう私を見て!という承認欲求にしか見えません。

…はい、偏見です。失礼しました。

行くかどうかは人の好みによりますね。

ただ僕であればスタバにはいかずに、その浮いた500円を投資に回します。

中古車を買う

どうしても欲しい新車があれば、まずは中古市場で売りに出されてないか確認をしましょう。

大半の自動車は購入した瞬間に価値がぐっと下がるので、中古で買った方がコスパがいいです。

最後に

弁解するつもりではありませんが、僕は決してケチな部類ではないと思います。

行きたい国があれば海外旅行もしますし、お祝いしたい時は喜んでプレゼントを贈ったりします。

ふるさと納税も一人暮らしでは使いきれないので、実家へプレゼントとして贈ったりします。

重要なことは、無駄なものは省き、必要なところでは特に気にせずにお金を使うということです。

お金を使う時はしっかり考えた上で、購入するように意識して行動していきましょう。

きっとあなたも3000万円への資産が見えてくるはずです!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました