本・マンガ

TOP

【世界は感情で動く】行動経済学から考える不合理な脳の働き

世界は感情で動く」をまとめ記事となります。 人は合理的な判断をしていると思っているが実は合理的な判断をできていません。 なぜそうなるかというと、脳が直観に基づいた感情的な判断をしてしまうためです。 人は自分で自然と選んでいるようで、実は脳が直観で、ないし、他人の策略によって選ばされているのです。 どんな場面において脳がそのように判断してしまうか具体例とともに紹介していきます。